JALダイヤ会員えぴふぁのブログ

飛行機空港ラウンジホテルなど…いろいろ

十勝帯広ばんえい競馬観戦旅行記【ばんえい競馬観戦】

今回の旅の目的である「ばんえい競馬観戦」に 向かいます。

f:id:roshinante7676:20210803173940j:plain

宿泊のホテル日航ノースランド帯広は帯広駅前。

f:id:roshinante7676:20210909181719j:plain

帯広駅からばんえい競馬が開催される帯広競馬場までは距離にして2㌔弱。

帯広駅前バスターミナルからバスが出ています。

バスだと10分も掛からないぐらいで、タクシーなら5分程度で行けそうです。

今回は時間的余裕もあったので初めてでしたが、歩いて向かうことにしました。

f:id:roshinante7676:20210909182822j:plain

JRの高架沿いを進み、20分ぐらいで到着しました。


大きな道路沿いなので、さほど迷うこともなさそうです。

f:id:roshinante7676:20210909182956j:plain

競馬場入場門手前にある「とかちむら」

お店がいくつかあります。

f:id:roshinante7676:20210909183203j:plain

競馬場スタンド入り口

この日は入場無料でした。

f:id:roshinante7676:20210909183400j:plain

帯広競馬場スタンド

そしてコースです。

f:id:roshinante7676:20210909183459j:plain

ちょうどレースがスタートしました。

f:id:roshinante7676:20210909183555j:plain

やはり迫力があります。

f:id:roshinante7676:20210909183641j:plain

ばんえい競馬は直線走路200㍍に二つの障害(坂)があります。

騎手はそりに乗ってばん馬を操縦します。

障害を越える手前では、一度息を入れて、馬と呼吸を合わせて一気に障害の坂を登ります。

f:id:roshinante7676:20210909184319j:plain

f:id:roshinante7676:20210909184407j:plain

障害を越えた後に止まってしまう馬もいて、最後の最後までハラハラドキドキです。

f:id:roshinante7676:20210909184531j:plain

ばんえい競馬は馬の鼻先ではなく、騎手のそりの後部がゴール板を通過した時点が入線となります。

f:id:roshinante7676:20210909184630j:plain

サラブレッド競走のスピード感こそありませんが、最後までハラハラドキドキで手に汗握る攻防は観ていて興奮します。

f:id:roshinante7676:20210909185043j:plain

着順掲示板

タイムは1分30秒台ぐらいのようです。

馬場状態は水分量で、水分量が多いほどそりが滑りやすくなるために時計は早くなります。

f:id:roshinante7676:20210909185321j:plain

スタンド内に入ってみます。

f:id:roshinante7676:20210909185406j:plain

いかにも地方競馬場のスタンドといった雰囲気です。

f:id:roshinante7676:20210909185509j:plain

f:id:roshinante7676:20210909185541j:plain

f:id:roshinante7676:20210909185602j:plain

発売機が並びます。

f:id:roshinante7676:20210909185707j:plain

馬券は全国の地方競馬と同一のものです。

f:id:roshinante7676:20210909185854j:plain

2階にはJRAの発売所もあります。

f:id:roshinante7676:20210909190040j:plain

2階スタンドからだとこのように見えます。

f:id:roshinante7676:20210909190137j:plain

障害を駆け上がります。

f:id:roshinante7676:20210909190219j:plain

f:id:roshinante7676:20210909190324j:plain

f:id:roshinante7676:20210909190424j:plain

f:id:roshinante7676:20210909190507j:plain

そりの後部がゴール板を通過した時点が入線です。


f:id:roshinante7676:20210909190723j:plain

こちらはパドックです。

f:id:roshinante7676:20210909190817j:plain

ここではジョッキーが跨がっているのですね!

f:id:roshinante7676:20210909190906j:plain

このまま発走地点まで向かいます。

なお、パドックを見ても何が良いのか悪いのかさっぱりわかりません笑

f:id:roshinante7676:20210909191042j:plain

日が暮れると明かりが灯りナイター競馬になります。

f:id:roshinante7676:20210909192406j:plain

馬券を購入してみました。

f:id:roshinante7676:20210909192503j:plain

帯広10R「守永真彩三十路大賞典」笑

f:id:roshinante7676:20210909192645j:plain

なんと!2着!
何の情報も無く、適当に単勝馬券を買ったら意外と伏兵馬だったらしく…

f:id:roshinante7676:20210909192730j:plain

複勝でもそこそこオッズが付いてました泣

悔しいけど、これは盛り上がってきました笑

f:id:roshinante7676:20210909193045j:plain

今度は馬連を買ってみました。

f:id:roshinante7676:20210909193127j:plain

最前線で観戦。

f:id:roshinante7676:20210909193207j:plain

④ー⑨!?

このまま決まるか!?と思われたところ…

なんとゴール直前で交わされて…

f:id:roshinante7676:20210909193334j:plain

1着3着でハズレ泣

ワイドなら的中だったのに…

悔しいので最終レースまで勝負します。

f:id:roshinante7676:20210909193540j:plain

名前がいいので「マタクルサ」単勝

一番人気馬との馬連も加えて万全の構え!?

f:id:roshinante7676:20210909193710j:plain

行けー!!

f:id:roshinante7676:20210909193753j:plain

なんと!?

一番人気馬は快勝も、マタクルサはゴール直前に差されて3着チーン…

f:id:roshinante7676:20210909193859j:plain

結局馬券は的中ならず…

しかし初めてのばんえい競馬はとても楽しめました!

f:id:roshinante7676:20210915144351j:plain

サラブレッド競走も良いですが、ばんえい競馬もそれはそれで良さがあります。

特に競馬に詳しく無くても、観ているだけでも楽しいですし馬券も参加しやすいのは魅力的です。

貴重なばんえい競馬ですが、経営は厳しい状況です。

ばんえい競馬存続の為にも、ひとりでも多くの人にばんえい競馬を知って、観て、実際に来場して現地で応援してほしいとひとりの競馬ファンとして思います。

f:id:roshinante7676:20210915144950j:plain

今回初めて帯広競馬場でのばんえい競馬観戦でしたが、わざわざ遥々帯広まで実際に観に来て良かったです。

ぜひまた来たいと思い、名残惜しみながら夜の競馬場を後にしました。

十勝帯広ばんえい競馬観戦旅行記【特急おおぞら号グリーン車乗車記&ホテル日航ノースランド帯広】

新千歳空港エアターミナルホテルからおはようございます。


f:id:roshinante7676:20210802104732j:plain


f:id:roshinante7676:20210802104809j:plain

生憎の雨模様です。

前の記事【前編】では、福岡から新千歳へ直行便で到着して新千歳空港エアターミナルホテルにチェックインしました。

今日はこれから特急列車で帯広に向かい、十勝帯広のばんえい競馬観戦に行きます。


エアターミナルホテルの朝食です。


f:id:roshinante7676:20210802104835j:plain


f:id:roshinante7676:20210802104854j:plain


チェックアウトまでお部屋から飛行機見学です♪


f:id:roshinante7676:20210802104920j:plain


f:id:roshinante7676:20210802105006j:plain


f:id:roshinante7676:20210802105107j:plain


ホテルをチェックアウトして出発します。

f:id:roshinante7676:20210802160857j:plain


f:id:roshinante7676:20210802160932j:plain


新千歳空港駅

f:id:roshinante7676:20210802161010j:plain

北海道はでっかいどう

まずは一駅先の南千歳駅まで快速エアポートで向かいます。


f:id:roshinante7676:20210802161118j:plain
南千歳駅

f:id:roshinante7676:20210802161204j:plain

ここから特急おおぞら号(グリーン車)に乗車です。

f:id:roshinante7676:20210802161229j:plain

予め特急券は準備済みです。

JR北海道の特急列車に乗車するのは(かつてのカムイ号の快速エアポート区間を除き)今回が初めてです。

f:id:roshinante7676:20210802161313j:plain

キハ261系特急おおぞら号釧路行き

f:id:roshinante7676:20210802161344j:plain

f:id:roshinante7676:20210802161411j:plain

2+1アブレストのゆったりしたグリーン車のシートです。
f:id:roshinante7676:20210802161451j:plain

グリーン車の座席には、
フットレスト、まくら、読書灯そして電源コンセントが備わります。

長距離特急としては有難い設備です。

f:id:roshinante7676:20210802161526j:plain


南千歳駅を出発。

f:id:roshinante7676:20210803103328j:plain

すぐに千歳線、室蘭線とは別れ石勝線に入ります。

南千歳を出るとすぐに山の中に…

f:id:roshinante7676:20210803103426j:plain

民家はほぼ見当たりません。

北海道らしい風景が続きます。

f:id:roshinante7676:20210803103526j:plain

トンネルとは別に、雪避けのシェードなども潜ります。

f:id:roshinante7676:20210803103609j:plain

占冠駅で対向列車待ち合わせの運転停車となりました。

f:id:roshinante7676:20210803103658j:plain

f:id:roshinante7676:20210803103728j:plain

南千歳駅で購入した駅弁をいただきます。

f:id:roshinante7676:20210803103753j:plain

特急列車で駅弁をいただくのは列車旅の醍醐味ですね。

JR北海道の特急列車でも車内販売は廃止されてしまいました。
しかしながら、新千歳空港駅と南千歳駅のホーム、待合室内の売店では駅弁の販売が行われていました。
厳しい経営状況でサービス削減が続くJR北海道ですが、鉄道ファンとしてこういった頑張りは応援したいです。

f:id:roshinante7676:20210803103811j:plain

南千歳を出発して1時間、ようやくトマム駅に停車です。
f:id:roshinante7676:20210803103854j:plain

トマムはリゾートホテルなどがありますが、駅周辺に建物等は見当たりませんでした。

f:id:roshinante7676:20210803103931j:plain

f:id:roshinante7676:20210803104006j:plain

この付近は天候も目まぐるしく変化します。

f:id:roshinante7676:20210803104041j:plain

山間部は電波もほとんど通じません。

f:id:roshinante7676:20210803104132j:plain

石勝線は単線なので、途中信号場での対向列車行き違いの待ち合わせが何度かありました。

f:id:roshinante7676:20210803104218j:plain

スキー場も見えました。

f:id:roshinante7676:20210803104304j:plain

新得駅に到着です。

f:id:roshinante7676:20210803104342j:plain

f:id:roshinante7676:20210803104422j:plain

南千歳を出発して以来久々の街です(笑)

f:id:roshinante7676:20210803104504j:plain

ディーゼル車が留まっています。

f:id:roshinante7676:20210803104607j:plain

その後は再び緑の中を走り抜け…

f:id:roshinante7676:20210803104643j:plain

次第に街が見えてくると…

f:id:roshinante7676:20210803104817j:plain

高架を駆け上がるとようやく帯広駅に到着となります。

(帯広競馬場のスタンドが見えました!)

f:id:roshinante7676:20210803104909j:plain

高層マンションなどが建ち並びます。
思っていたよりも都会的です。

f:id:roshinante7676:20210803104951j:plain

遅れもあり、南千歳から約2時間で帯広駅に到着です。

f:id:roshinante7676:20210803105016j:plain

f:id:roshinante7676:20210803112253j:plain

f:id:roshinante7676:20210803112322j:plain

おおぞら5号はこの先釧路まで向かいます。

f:id:roshinante7676:20210803112143j:plain

帯広駅は2面4線の立派な高架駅です。

f:id:roshinante7676:20210803112434j:plain

一両編成のディーゼルカーが止まっています。

f:id:roshinante7676:20210803112541j:plain

帯広駅高架下コンコース

自動改札ですが、ホーム別の改札となっています。

f:id:roshinante7676:20210803112729j:plain

JR九州の宮崎駅と似たような雰囲気があります。

f:id:roshinante7676:20210803112832j:plain

平日日中とはいえ人通りはまばら。

f:id:roshinante7676:20210803113003j:plain

コンコースにはコンビニ、お土産屋などが並んでいます。

f:id:roshinante7676:20210803112930j:plain

f:id:roshinante7676:20210803113102j:plain

帯広駅外観

f:id:roshinante7676:20210803113156j:plain

立派な高架駅舎になっています。

f:id:roshinante7676:20210803113258j:plain

この日の帯広の気温は28度

北海道でもかなり気温が上がっています。

f:id:roshinante7676:20210803113446j:plain

市中心部側となる北口駅前にはビジネスホテルが建ち並んでいます。
帯広市は人口約17万、十勝地方の中心都市です。

こちらは南口

f:id:roshinante7676:20210803113659j:plain

今日は先にホテルにチェックインします。

ホテルは南口出てすぐ。

f:id:roshinante7676:20210803113802j:plain

この日の宿泊は帯広駅前のホテル日航ノースランド帯広です。

f:id:roshinante7676:20210909150313j:plain

利便性の高い駅前の立派なシティホテルです。

f:id:roshinante7676:20210909150401j:plain

15時のチェックイン開始とともにチェックイン。

f:id:roshinante7676:20210909150452j:plain

エレベーターは2基で少し待たされました。

f:id:roshinante7676:20210909150615j:plain

エレベーターホールからの景色です。

f:id:roshinante7676:20210909150544j:plain

真っ直ぐな道が伸びています。

周囲に高い建物がなく、北海道らしい景色が広がります。

f:id:roshinante7676:20210909150842j:plain

この日のお部屋です。

f:id:roshinante7676:20210909150923j:plain

エグゼクティブフロアのシングルルーム(18㎡)で日航ホテルとしてはコンパクト。

f:id:roshinante7676:20210909151016j:plain

窓際に赤いひとり掛けのチェア

f:id:roshinante7676:20210909151119j:plain

デスク周り

f:id:roshinante7676:20210909151234j:plain

インスタントコーヒー、ミネラルウォーターは1本無料

f:id:roshinante7676:20210909151328j:plain

冷蔵庫は空でした。

f:id:roshinante7676:20210909151422j:plain

バスルームもユニットタイプで狭め

f:id:roshinante7676:20210909151458j:plain

バスローブとバブがありましたが、上層階のエグゼクティブフロアのサービスだったのかな?

f:id:roshinante7676:20210909181858j:plain

お部屋からの眺望は帯広駅南口の駅前広場

f:id:roshinante7676:20210909182048j:plain

エグゼクティブフロアと言っても、上層階やバスローブがあるかなどの違いぐらいで、ラウンジやドリンクサービスなどかあるわけではありません。

駅前で日航ブランドのホテルなので初めてでも分かりやすく安心できる利便性に優れた大変便利なホテルなのですが、観光利用が多いと予想される時期的なこともあり価格設定はやや強めです。

帯広駅前にはビジネスホテルチェーンが複数ありますので、帯広観光時のホテルの選択肢は多めですね。

f:id:roshinante7676:20210909182129j:plain

エレベーターホールから見えた、帯広駅を出発する1両編成のディーゼルカー

ホテルで少し休んで、いよいよこの旅のメインテーマであるばんえい競馬観戦に向かいます!

次の記事に続きます。

十勝帯広ばんえい競馬観戦旅行記【福岡から新千歳空港へ】

 こんにちは。

 f:id:roshinante7676:20210803173734j:plain 

今回は北海道、帯広のばんえい競馬観戦に行ってきました。

ばん馬が走る“ばんえい競馬”は世界でも帯広競馬場だけで開催されている極めて貴重なものです。

以前から一度観てみたいと思っていたばんえい競馬を今回初めて観戦しに行くことにしました。

旅の始まりはいつもの福岡空港

 f:id:roshinante7676:20210801134921j:plain

今回は行きはJAL福岡→新千歳への直行便を利用。

 f:id:roshinante7676:20210801134949j:plain

ダイヤモンドプレミアラウンジで搭乗時間までまったりします。

 f:id:roshinante7676:20210801135022j:plain

明け方は雷もなっていましたが、お天気も回復しています。

f:id:roshinante7676:20210801135134j:plain

おにぎりと明太バターパン、石村萬盛堂の祝うてサンドがありました。

f:id:roshinante7676:20210801135211j:plain

台湾行きのエバー航空です。

手前はIBEXのボンバルディア機

f:id:roshinante7676:20210801135306j:plain

三日月のクロワッサンもいただきました。

f:id:roshinante7676:20210801135339j:plain

搭乗予定機が到着しました。

JAL機がたくさんいます。

f:id:roshinante7676:20210802102309j:image

時間になったので搭乗口へ。f:id:roshinante7676:20210802102217j:image

JAL3515便福岡発新千歳行きf:id:roshinante7676:20210802102520j:image

搭乗しました。

B737-800

f:id:roshinante7676:20210802102614j:image

後方普通席でお隣は空席

最後方席周辺はツアー?客か何かで子連れもいて騒がしい…

長距離フライトなので隣が空席なのはありがたいことです(直前に座席変更した為隣席ブロックではありません)

f:id:roshinante7676:20210802102842j:image

出発です。

f:id:roshinante7676:20210802102922j:image

離陸しました。

f:id:roshinante7676:20210802102957j:image

山口県光市辺りの瀬戸内海の島々を眺めます。


f:id:roshinante7676:20210802103019j:image

こちらは広島県呉市上空

特徴的な地形です。

f:id:roshinante7676:20210802103155j:image

ドリンクサービスはやはりコーヒーです。

カップはオリンピック仕様です。

その後は中国山地を縦断して日本海に…

雲に覆われてしまいました。

 

夜勤明けであまり寝ていなかったのでその後はうとうと…

f:id:roshinante7676:20210802103410j:image

気付けば北海道に上陸です。


f:id:roshinante7676:20210802103448j:image

新千歳空港周辺の沼地


f:id:roshinante7676:20210802103540j:image

新千歳空港に到着しました。


f:id:roshinante7676:20210802103611j:image

8月ですが、北海道も気温30度を越えているようです。

f:id:roshinante7676:20210802103700j:image

新千歳空港に到着した時のこの雰囲気は大好きですね。


f:id:roshinante7676:20210802103742j:image

さて、今夜はこちらに宿泊します。


f:id:roshinante7676:20210802103813j:image

 

飛行機好きにはお馴染みの、新千歳空港エアターミナルホテル

新千歳空港国内線到着ロビーを出てすぐ、これ以上ない立地です。

 

この日のお部屋です。

f:id:roshinante7676:20210802103846j:image

お部屋は至ってシンプルなシングルルーム(20㎡)


f:id:roshinante7676:20210802103920j:image


f:id:roshinante7676:20210802104012j:image


f:id:roshinante7676:20210802104039j:image


f:id:roshinante7676:20210802104057j:image

冷蔵庫には無料のミネラルウォーターがありました。

バスルームもコンパクト


f:id:roshinante7676:20210802104121j:image


f:id:roshinante7676:20210802104138j:image

このホテルの特徴はなんといってもお部屋からの眺望です。


f:id:roshinante7676:20210802104212j:image


f:id:roshinante7676:20210802104300j:image

お部屋の目の前が駐機場なのです。


f:id:roshinante7676:20210802104337j:image


f:id:roshinante7676:20210802104400j:image

ちょうどJAL側のエリアなので、JALグループの飛行機がよく見えます。


f:id:roshinante7676:20210802104426j:image

お部屋からこのような景色が見れるホテルは中々ありません。

ずっと見ていても飽きることはありませんね。

 

ちなみに滑走路側、駐機場に面しているのはシングルルームだけで、ツインルームだと反対側の空港駐車場側でこのような景色は見れません。

 

予約の際にお部屋タイプ、滑走路側等の記載があるかは要確認です。

飛行機が見れると期待して宿泊したら反対側で見れなかったらかなりがっかりしてしまいます…


f:id:roshinante7676:20210802104451j:image

この日の食事は空港ターミナルビルでお蕎麦とお寿司


f:id:roshinante7676:20210802104514j:image

なお、このホテルでは食事情についても少し注意が必要で、最終便出発時刻の21時頃にはターミナルビルの飲食店はほとんど閉店します。

到着ロビーにあるローソンだけが最終便到着時にも営業中です。

遅い時間に到着してホテルにチェックインする場合はお気をつけ下さい。


f:id:roshinante7676:20210802104537j:image

夜の駐機場

f:id:roshinante7676:20210802104605j:image

なかなか見れる景色ではないですね。


f:id:roshinante7676:20210802104638j:image

滑走路のランプも綺麗です。

明日の旅程に備えて休みます。

 

【次の記事】へ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道エアシステムのSAAB(サーブ)に乗りに行く【後編】

 丘珠空港から北海道エアシステムのSAABで函館空港に到着しました。


f:id:roshinante7676:20210513180836j:image

SAABでのフライトを楽しんで、今回の旅の目的は早くも達成。

f:id:roshinante7676:20210513180908j:image

この後は、飛行機を乗り継いで福岡まで帰ります。


f:id:roshinante7676:20210513181038j:image

函館に到着した北海道エアシステムのSAABはこの後、すぐに丘珠に戻らず奥尻空港へ往復するようです。

 

北海道エアシステムは奥尻や利尻など、北海道の離島への地域輸送の重要な役割を担っています。


f:id:roshinante7676:20210513181119j:image

 

さて、当初は函館から伊丹経由で福岡に帰る予定でした。

ところが、函館→伊丹便が欠航に…

 

JALダイヤモンドデスクに連絡して、羽田経由に振り替えてもらいました。

 

その関係で、函館で少々時間ができたので空港内をしばし散策。


f:id:roshinante7676:20210513181522j:image

 

函館空港は比較的市街地に近く、バスで函館駅前に出ることができます。

今回は街に出ませんでしたが、函館は魅力的なところが多いのでぜひ次はゆっくり訪問したいです。


f:id:roshinante7676:20210513181545j:image

空港ターミナル内は地方空港といったところで比較的こじんまりしています。

この時期なので、かなり閑散としていました。
f:id:roshinante7676:20210513181609j:image

1階がチェックインカウンター、2階に出発口

 

函館空港にはJAL,ANAの優先保安検査場はありません。
f:id:roshinante7676:20210513181645j:image

保安検査場手前に、制限エリア内の搭乗ロビーと会話ができる「もしもしコーナー」の電話がありました。


f:id:roshinante7676:20210513181715j:image

以前公開された映画「糸」(JALも協賛作品です!)でも登場しました。


f:id:roshinante7676:20210513181751j:image

函館空港には、残念ながら航空会社のラウンジはありません。

 

ラウンジは制限エリア外一般エリアにある、こちらのビジネスラウンジ(カードラウンジ)を利用することになります。


f:id:roshinante7676:20210513181809j:image

カードラウンジなので、搭乗券とゴールドカード以上の提示で無料で利用できます。

もちろん有料での利用も可能です。


f:id:roshinante7676:20210513181835j:image


f:id:roshinante7676:20210513181852j:image

ラウンジ内部です。


f:id:roshinante7676:20210513181919j:image

それなりの広さがあります。


f:id:roshinante7676:20210513181939j:image

電源コンセントが備わった大きめのシートが並びます。

この時期なので、利用客は少ないです。


f:id:roshinante7676:20210513182012j:image

フリードリンクです。

f:id:roshinante7676:20210513182043j:image

アルコールはビールの自販機が置かれていますが有料です。

スープマシンがありました。


f:id:roshinante7676:20210513182105j:image

ラウンジでしばし休憩です。


f:id:roshinante7676:20210513182131j:image

函館空港内、かなり閑散としています。


f:id:roshinante7676:20210513182157j:image

お土産屋さん

f:id:roshinante7676:20210513182212j:image

3階レストランはこちらの「ポルックス」一ヶ所だけの営業


f:id:roshinante7676:20210513182245j:image

こちらで「北海鮮丼」を頂きました。


f:id:roshinante7676:20210513182319j:image

その後展望ロビーから北海道エアシステムの丘珠行きATRを見送って…


f:id:roshinante7676:20210530192930j:image

保安検査を抜けて出発ロビーへ。


f:id:roshinante7676:20210530193121j:image

 

前述のように、JAL,ANAともに専用ラウンジはありません。


f:id:roshinante7676:20210530193316j:image

売店も一ヶ所のみ。


f:id:roshinante7676:20210530193434j:image

もしもしコーナーでお見送りの相手とお話できます。

 

JAL便羽田行き

f:id:roshinante7676:20210621082659j:plain

 

北海道を後にします。

f:id:roshinante7676:20210621082826j:plain

さようなら函館

f:id:roshinante7676:20210621083003j:plain

函館空港を離陸するとすぐに津軽海峡を越えて本州へ。

f:id:roshinante7676:20210621083111j:plain

 

十和田湖?田沢湖?

 

f:id:roshinante7676:20210621083245j:plain

しっかりコーヒーはいただきます。

 

 

f:id:roshinante7676:20210621083338j:plain

函館からのフライト時間は短く、雨の羽田空港に到着です。

f:id:roshinante7676:20210621083523j:plain

羽田空港北ウイングのいちばん端のスポット。

乗り継ぎの福岡行きは南ウイング…

かなりの距離を歩くことに…

 

福岡行きまで時間がありますので、ダイヤモンドプレミアラウンジでまったりします。

f:id:roshinante7676:20210621083819j:plain

 

ここで、福岡行きのファーストクラスに空席があることを確認!?

ファーストクラスはアップグレードして乗ることはほとんどないのですが、今回はせっかくなのでUGしてみました。

 

f:id:roshinante7676:20210621084340j:plain

前述の通り、当初の予約から大幅に変更してもらっていたので、お手続きに少々時間を要しましたが無事にUG完了!

 

f:id:roshinante7676:20210621084604j:plain

久々のJALファーストクラスで福岡に帰ります。

 

f:id:roshinante7676:20210621084651j:plain

しかも座席は1A

f:id:roshinante7676:20210621084844j:plain

 

雨の東京にさようなら。

f:id:roshinante7676:20210621085036j:plain

離陸後、ベルトサイン消灯してほどなくお食事が運ばれてきました。

f:id:roshinante7676:20210621085232j:plain

JALファーストクラスの機内で頂くホカホカな俵ご飯、ドリンクは期間限定山形代表ぶとうジュース

おいしくいただきました。

f:id:roshinante7676:20210621085605j:plain

食後にファーストクラス専用カップでコーヒー

以前はコーヒーカップで提供されていたのですが…

コロナの影響でしょう、仕方ありません。

f:id:roshinante7676:20210621085828j:plain

F席は夜間のフライトでも照明を落とさないのでうまく撮れませんが、大阪辺りの夜景が綺麗でした。

 

f:id:roshinante7676:20210621090109j:plain

お食事いただいて、コーヒー飲んでいたらあっという間に福岡空港に着陸となりました。

 

f:id:roshinante7676:20210621090311j:plain

福岡空港到着。

お疲れさまでした。

 

これにて、

【北海道エアシステムのSAAB(サーブ)に乗りに行く】完結です。

 

欠航による予定変更から、丘珠空港への道を間違えるトラブルもありましたが、以前から気になっていたSAABに今回初めて乗ることができて良かったです。

 

なかなか小型プロペラ機は乗る機会がないのですが、地域輸送の大きな役割を担っているのだと改めて実感させられました。

 

今回はプロペラ機ならではのフライトを楽しめてまたひとつ良い経験ができました。

 

大型機にも小型機にもそれぞれ良さがあり、

やっぱり飛行機は楽しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

北海道エアシステムのSAAB(サーブ)に乗りに行く 【本題】

おはようございます。


f:id:roshinante7676:20210513180249j:image

宿泊のホテルメッツ札幌です。

いよいよ本日、今回のメインテーマである北海道エアシステムのSAABに搭乗です。

 

ホテルで朝食いただきました。f:id:roshinante7676:20210513115334j:image

 

ビジネスホテルとはいえレストランの雰囲気も良く、お部屋も洗い場付きであるなど、鉄道系ホテルは総じてハズレが少ないですね。


f:id:roshinante7676:20210513115640j:image

生憎の曇り空ですが、雨は降っていません。


f:id:roshinante7676:20210513115713j:image

ホテルを後にして、丘珠空港に向かいます。

さて、札幌駅から丘珠空港へは空港リムジンバスか地下鉄東豊線で終着の栄町駅まで行きそこからさらにバス又は徒歩というルートが基本のようです。

今回は地下鉄で栄町駅まで向かうことにしました。


f:id:roshinante7676:20210513120020j:image

札幌地下鉄東豊線の栄町駅です。


f:id:roshinante7676:20210513120157j:image

地上に上がったところ

時間にまだ余裕がありそうだったので、ここから徒歩で空港まで向かうことにしました。

 

が…

完全に道を間違えました(笑)

本来はこの交差点を右手に曲がらなければいけない(標識を良く見ると案内右手になってます)のを、このまま直進してしまいました。

予定では栄町駅から徒歩10分ほどのはずですが、10分以上歩いても歩いても案内も見当たらないし、なんかおかしいと感じてスマホのマップを確認したら完全に逆方向に歩いてました…

 

この時点でチェックイン締め切り時間15分前を切ってしまっていてこれはかなりヤバい!となり慌てて栄町駅前までかなり本気のダッシュ(笑)で戻り、タクシーに飛び乗り、タクシーに乗ればそこから5分もしないで丘珠空港到着。

f:id:roshinante7676:20210513120633j:image

 

もうチェックイン締め切り5分前を切っていましたが、ギリギリ間に合ってセーフ!?

なんとか乗り遅れずに済みました。


f:id:roshinante7676:20210513121318j:image

前回述べたように、この日のフライトも当初の予定から大幅に予約変更していた関係でカウンターでの手続きが必要でこれにも時間を要する事となりましたが、無事にチェックイン完了。f:id:roshinante7676:20210513121604j:image

初めて訪れる空港なので、ほんとうは色々観て回ったり写真を撮ったりしたかったのですが、もう搭乗案内が始まっているとのことで、全くそのような時間もなく直ぐに保安検査場を抜けてそのまま搭乗口から階段を降りて飛行機とご対面です。f:id:roshinante7676:20210513121900j:image

こちらが北海道エアシステムのSAAB(サーブ)です。

すぐに乗り込み程なくしてドアが締まりました。

 

自分の確認不足とはいえ、まさかの事態でほんとうに間に合わない!?乗れないかも!?と言う状況でしたが、なんとか無事に乗り込むことができてひとまずホッとひと安心。

 

空港を見たり写真撮ったりできなかったのは少し残念でしたが、まずは乗れたのでほんとに良かったと胸を撫で下ろしました。


f:id:roshinante7676:20210513122502j:image

座席は1+2の3アブレスト

今回は前方ひとり掛け側のプロペラ横という絶好のポジション。

 

機内はさすがに小型プロペラ機なので天井が低く、荷物棚も小さいですが、座席に着席してしまえば狭さは感じず、飛行時間も函館まで45分なので全く問題ありません。

 

なお、この日はほぼ満席のようで乗客のほとんどがスーツ姿のビジネスマンでした。

丘珠(札幌)~函館の航空便利用はどのようなものかと興味ありましたが、やはりこの路線の存在意義を強く感じさせられました。


f:id:roshinante7676:20210513122849j:image

JALの機内誌「スカイワード」がしっかり準備されていました。


f:id:roshinante7676:20210513123039j:image

プロペラが回りだし動き出しました。


f:id:roshinante7676:20210513123202j:image

つどーむ


f:id:roshinante7676:20210513123249j:image

すぐに離陸となりました。


f:id:roshinante7676:20210513123358j:image

さすがに音は大きいです。


f:id:roshinante7676:20210513123510j:image


f:id:roshinante7676:20210513123558j:image

丘珠空港が見えます。

f:id:roshinante7676:20210513123726j:image

空港の向こうに札幌の街並みが広がります。


f:id:roshinante7676:20210513123919j:image

美しい札幌の街並み。


f:id:roshinante7676:20210513124127j:image

ちょうど眼下に札幌競馬場が見えました。


f:id:roshinante7676:20210513124224j:image

その後、機窓は雲に覆われました。


f:id:roshinante7676:20210513124401j:image

 

ここでベルトサインが消灯、CAさんからメッセージカード付きのキャンディーが配られました。


f:id:roshinante7676:20210513124554j:image

短い飛行時間でもこういったサービスは嬉しいです。


f:id:roshinante7676:20210513124611j:image

この後しばらくして、再びベルトサイン点灯。 

函館空港へ向けて降下を始めます。


f:id:roshinante7676:20210513125112j:image

山に近いところを飛行します。


f:id:roshinante7676:20210513125222j:image

函館の街が見えてきました。f:id:roshinante7676:20210513125356j:image

手前には五稜郭公園とタワーも確認できます。


f:id:roshinante7676:20210513125526j:image

高度を下げて函館市内の街並みが良く見えます。


f:id:roshinante7676:20210513125649j:image

五稜郭公園の手前で進路を左手に旋回


f:id:roshinante7676:20210513125844j:image

函館空港が見えてきました。

函館は意外と市街地から近いところに空港があるのですね。


f:id:roshinante7676:20210513130012j:image

函館空港の手前には函館競馬場が!?


f:id:roshinante7676:20210513130146j:image

そのまま競馬場の真上を飛行して、函館空港に着陸となります。


f:id:roshinante7676:20210513130248j:image

ほんとうにコースの真上です。

この路線では、札幌と函館の北海道のJRA両競馬場の上を飛行するというのも競馬ファンには興味深いです。


f:id:roshinante7676:20210513130503j:image

函館空港に着陸となりました。f:id:roshinante7676:20210513130558j:image


f:id:roshinante7676:20210513130722j:image

エンジン停止でプロペラの回転が止まり、無事に函館空港到着です。

f:id:roshinante7676:20210513130858j:image

タラップを降りて徒歩で到着口へ。


f:id:roshinante7676:20210513131020j:image

ここで写真を。

f:id:roshinante7676:20210513131110j:image


f:id:roshinante7676:20210513131202j:image


f:id:roshinante7676:20210513131231j:image


f:id:roshinante7676:20210513131304j:image

函館空港に到着です。


f:id:roshinante7676:20210513131357j:image


f:id:roshinante7676:20210513131415j:image

 

以前から乗って見たかった北海道エアシステムのSAABに今回初めて搭乗することができました。

地元の人でないとなかなか乗る機会の無い北海道エアシステムという航空会社、丘珠空港発着路線、そしてSAABの機体。

今回はとても貴重な体験となりました。

 

SAAB(サーブ)は退役が近いようで、今回が最初で最後の搭乗となってしまうと思いますが、今回わざわざ丘珠まで乗りに来て良かったです。

 

札幌駅から丘珠空港に行くのに道に迷うという、思わぬトラブルに見舞われて、危うく乗れなくなるところでしたが、無事に事を終えてこちらも何よりでした。

 

初めて行くところはやはり時間に余裕を持って行くべきだと改めて感じさせられました。

 

この後は函館から福岡まで乗り継いで帰ります。


長くなるので次の記事【後編】に続きます。

 

 

北海道エアシステムのSAAB(サーブ)に乗りに行く 【前編】

 こんにちは。

 f:id:roshinante7676:20210621081154j:plain

今回は、以前から一度乗ってみたかった北海道エアシステム(HAC)が運航する小型プロペラ機SAAB(サーブ)に乗りに行きます。

 

まずは地元の福岡から、北海道エアシステムの本拠地である丘珠空港がある札幌まで向かいます。


旅の始まりはいつもの福岡空港


f:id:roshinante7676:20210512120644j:image

実は今回、元々福岡から新千歳への午後の直行便を格安で購入していたのですが、これがコロナの影響で欠航に…

 

午前の直行便に振替されていたのですが、夜勤明けなこともありちょっとキツいと思い、JALダイヤデスクに電話して羽田経由便に変更できないか交渉。

 

結果的に福岡~羽田~新千歳の乗り継ぎ便に変更していただけました。


f:id:roshinante7676:20210512121424j:image

翌日のフライト分も含めて色々と当初の予約から大幅に変更したため、自分のJALアプリから予約データが消滅してしまいました。

なのでJALカウンターで予約確認、搭乗券を発券してもらい無事にチェックイン完了しました。


f:id:roshinante7676:20210512121810j:image

いつものダイヤモンドプレミアラウンジで搭乗時間までまったりします。


f:id:roshinante7676:20210512121912j:image

この日は生憎の雨模様


f:id:roshinante7676:20210512122243j:image

でも水しぶきをあげながら離着陸する機体もカッコいいですね。

 

さて、搭乗時間となりましたので搭乗口へ向かいます。


f:id:roshinante7676:20210512125021j:image

 

前述のように、新千歳直行便が欠航となりましたのでまずは羽田行きに搭乗です。

 

JMBダイヤ&プレミアとファーストクラスが最優先の搭乗に変わったみたいです。

 

福岡発羽田行きJAL314便


f:id:roshinante7676:20210512125330j:image

B767です。


f:id:roshinante7676:20210512125503j:image

羽田行きですが搭乗率は低め

お隣も空席です。


f:id:roshinante7676:20210512150303j:image

福岡空港を離陸


f:id:roshinante7676:20210512150423j:image

終始雲の多い揺れるフライトでベルトサイン消灯時間も短めでした。


f:id:roshinante7676:20210512150357j:image

しっかりコーヒーはいただきました。


f:id:roshinante7676:20210512150444j:image

遠目に富士山を見ながら…


f:id:roshinante7676:20210512150522j:image

羽田空港に到着。


f:id:roshinante7676:20210512150538j:image

 

新千歳行きに乗り継ぎます。


f:id:roshinante7676:20210512151012j:image

 

新千歳行き出発まで1時間もありませんが、羽田のDPラウンジにちょっとだけお邪魔します。


f:id:roshinante7676:20210512151027j:image

新千歳行きなので「北」のラウンジへ


f:id:roshinante7676:20210512151101j:image

酒類の提供は中止されていました。


f:id:roshinante7676:20210512151140j:image

こちらでもおにぎりとカレーパンいただきます。


f:id:roshinante7676:20210512151216j:image

羽田のDPラウンジ限定ハーゲンダッツもまだ提供が続いていました。

すぐに時間となり搭乗口へ。f:id:roshinante7676:20210512180022j:image

羽田発新千歳行きJAL521便


f:id:roshinante7676:20210512180123j:image

機材はA350です。


f:id:roshinante7676:20210512180203j:image

実は直前までファーストクラスにも空席があったのですが、今回は見送りました。

基本的にファーストクラスは記念日などに前もって予約して、しっかり構えてから搭乗したいので(笑)


f:id:roshinante7676:20210512180256j:image

出発準備に時間を要して、定刻よりも遅れて羽田を離陸

f:id:roshinante7676:20210512180418j:image

日中の羽田→新千歳便はほとんど乗る機会がないので、離陸後の景色がちょっと新鮮。


f:id:roshinante7676:20210512180525j:image

しかしすぐに雲に覆われてしまいました。


f:id:roshinante7676:20210512180805j:image

ここでもコーヒーをいただいて…


f:id:roshinante7676:20210512180932j:image

その後、北に行くにつれ雲は少なくなり…
f:id:roshinante7676:20210512181025j:image

下北半島が確認できました。


f:id:roshinante7676:20210512181154j:image

北海道に入ると、らしい風景が広がります。


f:id:roshinante7676:20210512181259j:image

牧歌的な風景を眺め…


f:id:roshinante7676:20210512181355j:image

定刻よりも若干遅れて、新千歳空港に着陸となりました。


f:id:roshinante7676:20210512181444j:image

 

5月なのでちょうどいい過ごしやすい気候です。


f:id:roshinante7676:20210512181522j:image

 

本日は札幌駅前のホテルに宿泊して、明日のSAABフライトに備えます。


f:id:roshinante7676:20210512181624j:image

新千歳空港からお馴染みの快速エアポートで札幌駅に向かいます。

f:id:roshinante7676:20210512181703j:image

Uシートを利用

f:id:roshinante7676:20210512181720j:image

途中、北広島付近で北海道日本ハムファイターズの新球場建設が進んでいるのも確認できました。


f:id:roshinante7676:20210513010023j:image

札幌駅到着。

f:id:roshinante7676:20210513010130j:image

JR北海道の特急列車を撮影f:id:roshinante7676:20210513010250j:image

ホテルに向かいます。

 

本日宿泊のホテルは…

f:id:roshinante7676:20210513010348j:image

札幌駅北口から徒歩3分ほどにある

「JR東日本 ホテルメッツ札幌」です。f:id:roshinante7676:20210513010423j:image

いつもはちょっとリッチなホテルを選ぶのですが、今回は明日の朝も早めの出発なのでビジネスホテルで遠慮しておきます(笑)

 

ホテルメッツはJR東日本が展開するビジネスホテルチェーンです。

 

ビジネスホテルなのでお部屋はコンパクトなのですが、今回は広めの「プレミアムツイン(26㎡)」のお部屋です。

f:id:roshinante7676:20210513010530j:image

角部屋ですが、ベッドの配置などがちょっと独特?


f:id:roshinante7676:20210513010735j:image

デスクもありますが、全体的にあまり広さはありません。
f:id:roshinante7676:20210513010854j:image

ミネラルウォーターは2本サービスです。

ただ、インスタントのコーヒーなどは準備されていません。

 f:id:roshinante7676:20210513011220j:image

窓際に特徴的なチェア


f:id:roshinante7676:20210513011254j:image

ベッドスペースは広くないのですが、バスルームは余裕があります。


f:id:roshinante7676:20210513011351j:image

バストイレ洗面所がセパレートの3点式となっているのです。


f:id:roshinante7676:20210513011459j:image

洗い場付きのバスルームなのでお湯を張ってゆっくりくつろげます。


f:id:roshinante7676:20210531005147j:image

なお、お部屋からの眺望は、周りがビルに囲まれているため期待できません。


f:id:roshinante7676:20210531005623j:image

駅前ホテルなので仕方ありません。


f:id:roshinante7676:20210531005818j:image

すぐ隣のビル1階にセイコーマートがありますし、周辺にもコンビニは多数。

JR札幌駅もすぐなので、飲食店などに困ることはありません。


f:id:roshinante7676:20210531010111j:image

この日は札幌駅で仕入れた駅弁を頂きました。


f:id:roshinante7676:20210531010218j:image

こちらのホテルのテレビではYouTubeを観ることもできます。


f:id:roshinante7676:20210531010333j:image

明日のSAABフライトについて動画で予習です笑

 

ここまでが【前編】

 

翌日はいよいよ北海道エアシステムのSAABに乗りに行きます。

 

長くなりますので、次の記事の【本題】に続きます。 

 

 

ブログ始めてみる

こんにちは。

えぴふぁです。

飛行機や鉄道などに乗ることや、ホテルに宿泊することが趣味なのですが、

最近は飛行機、それもJALの上級会員制度「JALグローバルクラブ(JGC)」に嵌まってます。

2019年にいわゆる“ステータス修行”を行いJGCに入会!

そして勢い余って、最高峰ステータスである「JGCダイヤモンド」まで獲得してしまいました!

f:id:roshinante7676:20210303181844j:plain

JGCは年会費を払い続ける限りずっと会員資格があるのですが、ダイヤモンドステータスは毎年一定基準以上をクリアしないと維持することができません。

f:id:roshinante7676:20210304071217j:plain

ダイヤモンドステータスとは、簡単に言えば“ファーストクラス搭乗客と同等のサービスを受けれる”といったところでしょうか。

f:id:roshinante7676:20210304071032j:plain

私は空港のラウンジが特に好きなので、この最上級のラウンジ(ファーストクラスラウンジ)を利用するためにもダイヤモンドステータスを獲得しようと思った次第です。

f:id:roshinante7676:20210304070743j:plain

しかし…

この“一定の基準”というのが、年間120回以上の搭乗かそれに準ずるフライトでのポイント(FOP)を獲得するしかありません。

これは飛行機で毎週出張に行くような仕事の人でもなければ、到底不可能な基準です。

しかし我々航空会社のステータス獲得を目指す世界では、いわゆる“修行僧”としてただただ飛行機に乗りまくるのです。

1日で東京と沖縄を往復する、福岡と宮崎を何度も往復する…など、
普通の人では考えられないような乗り方をしてポイントや搭乗回数を稼ぐのです。

f:id:roshinante7676:20210304070831j:plain

旅行に行くために飛行機に乗るのではなく、飛行機に乗ること自体が目的なのです。

そして修行の末に得た、JGCダイヤモンドステータスで優雅なフライトタイムを楽しむというわけです。

f:id:roshinante7676:20210304071331j:plain

このようなことを繰り返しているのですが、昨年からのコロナの影響でステータスの延長措置やボーナスポイントが与えられるなど、この先の見通しが不透明な状況となっています。

それでも、コロナ禍でフライト予定もなかなか立てにくい現状ではありますが、少しでも飛行機に乗って苦境の航空会社を応援したいという思いもあります。

このブログでは、修行時の搭乗記やホテルの宿泊記、また空港ラウンジの様子などをぼちぼちと記録していきたいと思います。

f:id:roshinante7676:20210303182339j:plain

何卒よろしくお願いします。